みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
盆の16日

地獄の釜の蓋もあくという盆の16日、故郷の昔は、盆の間中の供え物、うどん、ずんだもち、変わりご飯、などと、しきたりどおりの順番で拵えられ、供えられて、里芋の大きな葉っぱの上を、一巡したままになっていたのが、片付けられた。

 

それら供物は、盆棚を飾っていた青笹と一緒に巻かれて、縛られて、それを父親か、長兄かが、大川に出かけて流してくるのだった。その片付ける祖母の手の動きが目に浮かぶ。

 

そうすると、その供え物たちは、めでたくあの世に渡るのかどうか、どういう訳かそんな風習だった。今なら、河川の汚染とか言われそうである。あの頃は川の水は、1間だか流れると、きれいになるそうだった。

 

盆がくると、多分盆の13日だったのか、店から一升瓶を入れてくる、空っぽになった木箱などを持ち込んで、数段の大きな盆棚を飾った。それを、緑色の縞模様だったと思い出すが、盆ござで覆い、父親が、隣の叔父の竹林から青笹を持ち込んで、結構粗雑に作ってしまう。一番上は拭き清められたお位牌たち。

 

その前に岐阜提灯を一双ならべると、出来上がり。でもこの岐阜提灯の青い絵柄が綺麗で、電気をつけてもらってその前で遊んだりした。盆棚には、茄子、胡瓜、茗荷、カボチャ、インゲン豆など畑の野菜が供えられた。

 

そしてお土産のお菓子箱、スイカなども供えられて、線香を立てて、その匂いとともにお盆はやってくる。親類がお墓参りの帰りに立ち寄り、盆棚の前で賑やかに飲んだり、食べたりするのだった。

 

盆下駄をおろして、一家中そろってご先祖様の墓参り、気候も今ほど暑くは無かったし、冷蔵庫もまだ無かった頃、スイカも家の前の用水路で冷やす時代であった。

 

おっさん(お坊さん)も自転車でやってきて、お経をあげてくれた。どこの家も同じように盆を過ごし、迎え火とか、送り火とか、花火もしたのだろうか。盆を過ごせば、もう涼風、赤とんぼの初秋であった。

 

あれから60年も過ぎて、お墓を守る人がいない時代を迎え、東北の寒村のお寺さんにも、永代供養塔ができる時代である。

| ふるさとの暮らし | 22:16 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。