みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
コロナと「人間の社会」

今東京は桜も葉桜、雨の中、ケヤキの大木、その枝に伸びてきた若葉、薄茶色と緑の房のようみえている。かすかに風に揺れるさまは、雄々しいほど。でも人間社会はコロナ一色?外出制限、食糧の買い物以外は自粛中?

 

子供たちの学校も、保育園も、職場も閉鎖、でもコロナ以降の日本社会を思えば、感染の実態把握の上、未来の日本のために、動ける人を確保して、食糧の生産と流通、国民生活の基盤を失わないため、産業活動、経済活動、内需をまかなうだけの生産、収入確保?かも。

 

政府は国民全体を縛るのではなく、動ける人、動けない人を区分けして、動ける人を守りながら、将来に備えないと、こんなに何もかもストップ?危なすぎ?かも。

 

 .▲瓮螢では抗体検査

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3953755.html

アメリカ、カリフォルニア州、ロサンゼルスでは、コロナの抗体検査が始まったそう?抗体のある人は、知らないうちにコロナに感染して、超えているという事?なのでこの検査で抗体有りの人は、普通に働きに行ける?とも。

 

日本も、中国にも、韓国に近いのだから、すでにたくさんの人達は、知らないうちに感染し、知らないうちに克服して抗体を持った人もいる?かも。治療薬、治療薬、ワクチンに注目だったけど、三つの「密」気を付けているけれど?

 

オリンピックをつい半月前まで追いかけていた日本、クルーズ船もコロナウイルスの培養船みたいにしてしまった日本?結構、コロナはすでに、日本の中に深く広まっている?なので国は国民に検査をさせたくなく、実態を隠したい、安倍官邸、小池都政、保健所達なようだが?

 

◆々蛎里里△訖佑蓮⊃場復帰して、経済を廻せる?

それならば、この抗体検査?さすがのカリフォルニア州かも?自民党・公明党政権の間は、韓国開発のドライブスルー検査はさせないだろうか?でも抗体検査はどうなの?

 

抗体がある人は、コロナどう拡散しても、大丈夫?抗体がある。生産活動、社会活動ができるだろう?そのための検査かも?この費用はどうなのか?今の自民党、公明党の政策では、国民全員、老若男女、家で待機。これがが長く続けば、各事業所は持ち堪えられないかも?

 

大丈夫な人を確定して、経済を廻し、食糧生産、必需品の流通、子供たちの教育、社会の平常性維持のための、方策をいろいろと提案しないと?

 

 コロナの実像

コロナの感染力、毒性、治療方法、薬品の開発、コロナの変異の把握、ワクチン開発などの医療技術開発には国費投入だろうに?

 

でもコロナはRNAだが、その突然変異、ヴァージョンアップの確率は、ゼロではないが非常に少ないと言っていいDNAとの比較ではオーダーの違い(千、万の単位で低い筈?)が変化して、SARS-CoV-2 の場合は、突然変異のスピードはインフルエンザウイルスと比較しても1/8から1/10という。今のところ3万の塩基対から11の変位が確認されている、のみだ

「新型コロナウイルスのパンデミックに関して言えば、それを引き起こすウイルスの遺伝子構造の変化が遅いものであるという説を支持する研究結果は、非常に良い知らせだろう。」と。時間を稼ぎながらコロナを飼いならす事ができる。

 

中国サイドのコロナ関連研究報告、国民性なのか、政府方針なのか、すこぶる意気軒高で、勇気をもらう感じがする?けども?でもヨーロッパ、中国、韓国の鎮静の動きは、格差の無い(人間ならば一定の衛生、栄養条件を持って暮らせ、医療が平等な社会)だからかもそういう社会ではコロナは越えられる?それが世界の今なのかも?アメリカ・インド・アフリカが危ない?

 

ぁ.灰蹈覆鯆兇┐深匆顱

最悪も睨みつつは政治の姿勢だろうが、今の安倍官邸、小池都政、自民党、公明党、それにまた若き北海道知事が、マスコミとトーンを合わせて、緊急事態!というのに、疑いの目も必要?かも。

 

感染の実態調査は、ゼロに等しいのに、危ないから全員に「じっとしていろ!」と言うのもどうなの?人間の我慢、生活不安への手当て不足?コロナ感染の実態、動ける人と動けない人の区別をつけて、メリハリをつけて、コロナ以後の日本社会の力を守らないと?

 

コロナの実態は日本の場合、不明かも?検査を抑えすぎ。マスコミや官邸、小池知事の印象操作を超えて、動ける人、そうでない人の区別をつけて、大丈夫な人から動き出し、経済を廻し始めて、コロナ以降の社会への、順調な出立、動き出す政策がほしい。

 

今のこの政府達の政策では、日本沈没もあり?それをアメリカサイドが、狙っている訳でもないだろうが?安倍友たちは目を覚まさした方が良いかも?人心の安定、社会の安定性がコロナへの耐性の重要な要素だともいう?しっかりと対案を出さないと?先を見据えた政策の下で、安心して動ける範囲の人を特定する為の検査かも、そして経済を廻すことかも?

 

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、ア。、メリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

| 日々雑感 | 09:31 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。