みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
アベノマスク、第4の受注先
今世界のコロナの感染拡大、沈静地域と拡大地域、そして北朝鮮の太りすぎの独裁者の生死不明、トランプさんの大げさな嘘、嘘と真とが錯綜している。国民は「じっとしていろ!」の命令一下、アアベノマスクに466億の税金から投じられている。

 

安倍晋三は、「2枚送り手元に置くことで安心いただける。マスク市場にそれなりのインパクトがあった」と値下がり効果を強調、これってどうでも言い出したことは止めない人。これが大本営体質だ?

 

 

東京大空襲3月・広島・長崎8月、それでも戦争続行を主張。玉音放送(終戦受諾)が隠密裏に運ばれたとか。事実無視、国民の命より、政権の方針、政権維持。方向転換無し、猪突猛進が同じ?

 

 

  嵬燭茲衞戮院彈腟
アベノマスクの受注先、なかなか公開しなかった、その4つ目は創価関係だった?脱税もある創価3世が社長らしい?これで、創価はどうして安倍政権の腰巾着なのかが分かるの?それらしいことを言ったり、反対めいたことを言ったり、国民目線も?と思ってみていたけど?

 

 

税金を廻されて、潤う商売、企業集団として、出来上がっている創価だったのかも?安倍政権は、沖縄の辺野古基地にせよ、公共工事にせよ、利権がらみ。それで選挙では集票していた?それで日本中が縛られていると思ったが、創価もそうだった?

 

 

新潟の選挙のときの、土建屋さんの制服を着た、補助金をもらう会社の社員達、選挙運動だったが、その前で堂々二階さんが仕切っていた事を思い出す。そういう事で進んでいるので、コロナ対策も、実態調査さえ進められなくなる

 

 

◆.泪好よりPCR検査だった!
今日本国内のコロナの感染拡大の程、コロナはどの程度変異種(ヴァージョンアップ)なのか、コロナの実像がマスコミ情報では錯綜している。実態、データが読み込めない?何よりも日本は検査の実数が少なすぎ?変なマスク、危ない創価の会社に受注させた?

 

今のこの国の「騙されてなんぼ?」「騙されている方が安泰?」そういう時代はコロナで終わるだろう?安倍晋三の大本営は、どうでも突き進んで、日米密約通りかも、それが政権を守る道?守れると確信かも?アメリカの意向の通りでないと、その政権は潰される国が日本だったから?
 
でもコロナ感染拡大、日本の実態を踏まえた対策でないと危ない?上に従っていればお金が廻ってくる時代は終わっている事を肝に銘じ、国民は自分たちの命と生活の為に、政治を考えないと?変なマスクより、実態把握、検査だったのに。検査体制を進めて、国民を区分けして、動ける人を見つけて、経済を動かしていく、それが生活防衛なのかも?
 
 ホームレス・リスク
パート、不安定雇用の人は今大変だろう。企業や事業者の家賃には政策対応する動きだが、仕事が止まった人の、家賃の手当て、住まいの確保はどうなのか?ネットカフェ難民とされる人はどうなのか?
 
外目には、「自由が好きで勝手にホームレスをしている」と言う人さえいた、20年前の日本だった。でもその頃でも、夜間のホームレス状態では、撲殺される危険も。命が問題になる程の生活だった。日本国憲法に何を謳ってあっても、届かない事があるのだった。
 
国民の命と生活を国が守る、そのために私達は税金を納めている筈?コロナで社会的距離をとる、休業すると言う命令一下、でも生活と命が危なくなるかもの不安定雇用社会かも?一番先に仕事、収入源がなくなる?家賃滞納、ホームレスに直結も?
 
ぁ2008年越し派遣村
上手くいっているときは感じない程の流れでも、コロナの感染拡大、外出制限の時代なので、これからの政策次第では、現実問題になるかも?の、自分の命と生活?
 
2008年のリーマンショック?暮れからの派遣村の時には大きな体育館に雑魚寝だった。あの時福祉面接のボランティアに参加したのだが、あの後全員生活保護が認定されたと記憶している。弁護士など法曹関係が噛むと、生活保護法という法律の運用も随分違うなあ、と感じたものだ。
 
個人的に福祉事務所に出かけたら、ああは成り難い?日本の法制度は、運用と法律条文の間に乖離がある?で、上の意向次第?生活保護制度は、生活丸抱えスタイルから、住宅、医療、生活費と、分離できるのだ。住宅政策、医療、所得を別々に検討して、進めると良いかも?
 
屋根のある住まい、できれば当然にプライバシーも、それが住まいが理想かも。でも今は廃校になった施設は広い。活用効果は大きいかも、空き施設の活用も有り?
 
ァ〔燭叛験茵衆緡鼎判斬陲反費
フランスのRMI(新型生活保護)では、結局別途住宅保障制度を作り、家族への所得保障をいじり、医療だけは社会保険から外して生活保護に移動するなど、柔軟な工夫がみられる。
 
それには国民の生活実態調査が基本のようだ。日本ではコロナ対策もPCRはさせない、国が抑えて、空想的みたいなクラスター対策だとか?マスコミが大本営的発表で国民を運ぶのが、太平洋戦争時代と同じの大本営体質、日本の80年間も続く悪しき伝統のようだ?
 
感染実態把握無しで、専門委員会までが政府方針をよいしょしてたらどうなる?それが今のコロナの現状?コロナの病態把握、市民社会の感染実態、その基礎的な状態把握無しのコロナ対策って、国民の命が、危ないかも?
 
コロナの実態把握、その上で医療への底固めのための政策、動ける免疫獲得者による、経済復興、特に実りの秋を迎えるための、食糧生産かも。
 
Α.灰蹈文紊悗凌兆の予算
コロナ対策は金額が大きいから安心しろ!みたいなマスコミと安倍官邸の誘導?このお金の流れを把握しよう?これで日本国内の雇用はどう改善するのか?内部留保が大きい大企業に流れて、その後グローバル企業として世界中へ、アメリカサイドに流れるのかも?
 
国内の雇用拡大のための、貢献度を測ろう。経済効果は騙しのための台詞(せりふ)になっていないか?企業への家賃補助の議論も?コロナの前と後では、家賃相場はどうなのか?不動産価格と連動するかも?
 
そうなると、大都市の高層マンション、武蔵小杉の件など価値低下など?見通しは甘くはないかも?不動産価格と連動する家賃水準も、コロナ以後の社会で上がるとは思えない?払える層が減少?なので、家賃対策は、税金からの出動よりは、?支払いの凍結ではないだろうか?
 
А\廼發了箸なを工夫して
コロナ後の状態を見通して、概算を組むほうが。現状が前提の経済政策は無駄かも?企業の家賃扶助も、請求関係の停止で、メンテナンスのみは動かすみたいな?企業への限度保証とか?
 
大きな社会変動が想定される中、より既得権と言うのか、税金じゃぶじゃぶ族の利益ではなく、国民生活への手当て、屋根のある住宅と、所得保障。企業向けではなく、国民むけ、10万円支給のシステムを確立して廻しながら、コロナを超えるのではないか?
 
コロナ後の経済の再稼働の波の中で、経済政策の新規政策の開拓の必要あり?今のままの、創価利権、安倍官邸利権の中で、経済政策の大規模出動は、税金の有効活用にはならなそう?
 
─\府の病床数削減計画に反対
そして医療制度、現場を守る事が、国民の命を守る事なので、医療職の疲弊を助けるシステムが必要な時のような?しっかりした防御服、人員確保のたに、税金を入れる。退職者の復帰、臨時の医療施設確保も必要になるのかも?
 
アメリカ社会は医療が高額なので、それが病院治療のゲートキーパー(門番)的?医療システムは大丈夫でも、自室で医療にかからずの死亡例が出る。イギリスでは医療が無料、で大病院にかかるには、地域の指定医の紹介が必要。これがゲートキーパーだが、待ち時間が長いと不評になる。
 
日本のPCRの抑制は、ある意味ゲートキーパーだが、この制限ルールが不透明過ぎ。これが日本の大本営体質ではないだろうか?美しい言葉で騙し、専門家の権威で理由付け、結局政権忖度が通ってきたのかも。この大本営体質からの脱却が、コロナ後の日本国民の安全、生活と命を守るのかも?医療には手が掛かるので、それを税金で保障する姿勢かも。
 
 安倍自公は、企業向け政策ばかり?
税金を廻してもらって成り立つ経済社会は、大政翼賛会的に流れるしかないかも?市場原理も神の手も届かない?その上、国民は、安倍晋三の美しい言葉で騙されたとしても、コロナは騙しが効かない。
 
実態把握の上で、コロナ対策を。経済危機の影響が出てくる国民サイドを、税金を廻して救済かも。二弾、三弾の0万円保障を進めながら、抗体検査をして、経済を廻し出す、規律ある、医療と経済社会の共同かも。大本営体質を超えて、二度目の敗戦状態、日米密約に従わず、主権国家日本の経済政策を願う?けども?
 
今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。
| 日々雑感 | 14:06 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。