みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
7日から、「かつての日常に戻ることは困難」?

安倍晋三は、こういって緊急事態宣言を延長?若き北海道知事は、GW中は都市封鎖並みの外出自粛を』なそうだし、そして小池都知事は日本の学校制度、アメリカと同じく、9月にすると言う事にも賛成?国民にとっては、この中で10万円が救いかも、その第2弾も有りになりそうな?この延長になるのかも?

 

何しろ小池さん、ペストの後のルネッサンスのように、コロナの後の社会の変化だといっている?コロナはペストに擬せられている?でも14世紀のペストではで、欧州の人口は2/3が死んだとか?日本人口12062万、東京が1395万、首都圏は国民人口の3割が集中の日本。その日本中で8千万人が死亡したような事態だったペストだけど。コロナの被害の怖さばかりを印象付ける話だけど?

 

で、これまでの日本のコロナ死亡者数は、https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11103.html

13,852人なのだろうか?人口比0.0001で良いのか?自分の計算を疑う、桁を間違っているかもしれない?日本のコロナを、中世ヨーロッパのペストに例えるのは、誇張があり過ぎ?東京人口の2/3なら、8000万以上が死亡する事態だったのだから?

 

 PCR検査を抑えている国?

ほとんどの国では、感染状態と感染者数の把握の最終的な判断のためにPCR検査を基準にしていると。なぜか日本でのPCR検査数は増えていない。安倍晋三首相は46日にPCR検査数を2万件に増やすと表明したが、その後の検査数も相変わらずで、方針の半分だけ?

 

理由は検査の結果の信頼性、でもそれって検査数の少なさへの言い訳?国際標準になっているPCR、これで行かないんだ?言い訳、理由付けにも見える?だって人口1000人に対し、何人が検査を受けているか。日本は1.8人で世界で下から2番目に少ない。OECD36カ国の平均は23.1人だが。

 

それでも、この検査数でも、安倍晋三って、緊急事態を延長できる?その根拠となる実態調査が進まない、データは無い筈?この国は検査を進める政策力が無いと言うより、反対に国が進めたくない力になっているかも?

 

 市中の感染は深い?

検査の数字を出せない程の市中感染拡大でない事を願う。イタリアでは普通の風邪、インフルと間違われていたコロナだった?今中世のペストが引き合いに出されるほど、マスコミ、小池都知事たちの勢いだが?でも日本の秋口からの風邪、インフルだった人、高齢者施設の死亡者(肺炎や老衰、その他)って、どうだったのか?PCR検査をすれば、どうだったのだろう?

 

検査もなくスルーだったに違いないが、荼毘付された人も多いかも?イタリアでは11月にはコロナと気付かれずに、2月のコロナピーク、隠しきれなくなったのが2月だった。今のクラスター騒ぎ、病院だから、検査ができるから、表に出てくるのだろうか?

 

私たちはなかなか検査をしてもらえないので、表にも出ない?今の日本のコロナ関連の数字、データが正確に実態把握になっているのか、専門家の見解を聞きたい?実態の把握がベース、緊急事態と言う日本の実態のあり様を、眺めての政策なのか?今の日本の安倍友達、不確実な政策の進め方、そんな緊急事態延長にならないか?

 

 感染実態、コロナの毒性の形を知りたい

事実を調べて、データを分析して、国民の生活実態(子供たちの生活・親たちの家計状況・リスクの高い人達・医療システムの現在)を見て、国民生活を守るために、経済社会、国民の生活物資を廻し出すために、経済の稼働、その動きのスタートを視野に、かも?

 

その真逆が安倍友達かも?「かつての日常にもどることは困難」だとは、政治放棄みたいな台詞(セリフ)、これを言っている場合だろうか?国民生活・経済社会の動き・この現在の把握の上で、対策だろうに?困難だからこそ政治だろうに?

 

コロナ感染の現状、その動きを読み込んで打つのが政策かと思っていた?実態把握無き、感性優先、枝野さんのような、現実検討無き人権一般論、安倍晋三のようなどうでも進める大本営型ではなく、現実変化をどう検討して、どういう政策をかぶせていくか、そういう思考のできる政治家でないと、日本はあぶないかも?

 

国民の生活保障と、コロナの感染実態、コロナの毒性把握が、今必要ではないか?国民の命と生活だから?その上で、経済を廻し出す、準備かも?

 

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

| 日々雑感 | 08:37 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。