みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
コロナと国民の命と医療
トランプさんと安倍晋三のコロナ連携だとか?プーチンとも電話会談?国際世界の政治が動いているみたいだ。その底にある事は何だろうか?

 

今コロナで失業の恐れが出ている人、生活保護制度の使いやすくと言うニュースがでている。みんなで使える生活保護、「入りやすく、出やすい制度へ」が望まれている。10年以上前のキャッチコピーだけど。

 

 

 .灰蹈並从と実態把握
PCR検査が進んで実態把握が進まないと、これからどういう可能性があるのか不明かも。日本ではPCR検査が抑えられている。政府がクラスターへの対応、医療を守るということで、感染者数を増やしたくなかった?

 

 

厚労省の37.5度以上で4日過ごさないと受け付けないと言う指導、それをやっと解除した?また横倉会長は「唾液を使う検査の導入を7日、加藤厚生労働大臣に日本医師会として要請した」という。実態数が把握できない中、感染の広がりには不安が出てくる?

 

 

◆…恐畛猖歓堯死亡者だけに注目
日本は、コロナの実態把握のための検査さえ進めてはいない。で「超過死亡」?コロナの調査無くても、この数字だと社会の被害の概要が分かりそう。でもこの数字は死亡者だけに注目、なのでいわば結果論みたいになる」。

 

 

この数字の意味合いは、いろいろな社会的危機、感染症だけではなく戦争、内乱とか、社会的リスクの度合いを測るみたいで、死亡者でないと、数字に上がらない事が致命的だろう。コロナ対策の社会的構築過程、進行過程は度外視になる?

 

 

なので、感染者数が増えて、リスクのある高齢者や合併症ある感染者の動向?感染拡大傾向?医療対応の水準などは出てこない?コロナの危険度、死亡者の多さ、その国の背景要因(社会の強さ、弱さ)は見えるのかも?

 

 

 コロナの失政と病床13万も削減計画
この「超過死亡数」、日本は4月に入って減少、通常の数値に戻っている?その背景が分からない?日本の医療制度、リスク層(高齢者・合併症保有者)の栄養や住居や医療、それら安定的と言う傾向なのかどうか?

 

 

コロナ対策は、専門委員会を従えて出した厚労省のクラスターを叩く、医療崩壊を防ぐと言うのが失敗みたいな?国民の命の方は37.5度を4日経過しないと、PCR検査を受けられなかった。これで命を落とした人だっているのに。

 

 

ぁ々駝韻琉妥函⊆匆駟歉秬度を考えよう
コロナと戦う社会的な力、コロナを超えるためには、国民の安心感、落ち着いて耐え抜く力、それは経済的不安がない事が大切?家計への金銭保証と、将来への安心感が必要な気がする?

 

 

コロナ後の社会では、どんな人でも感染源になってしまうのだから、無差別平等の医療、社会保障を考えて、少しづつでも、実現していかないと。コロナがここまでで抑えられているのは、医療の頑張りが大きいかも?これからの時代は、コロナみたいなウイルス、地震、災害は多発の時代のようだ。

 

 

10万円の支給金の経験を生かそう。そして望めば、安心して人生ずーっと住みつけるような住宅制度は、みんなが地域の住民、住み慣れた町の住民同士にもなれる。そして日本の医療・介護を守らないと。

 

 

ァ\府のコロナ失敗と国民
安倍自公政権、コロナでは、専門委員会を従えて出したクラスターを叩く、医療崩壊を防ぐと言う、初期の政策。ずーっと国民の命の方は、37.5度を4日経過しないと、検査を受けられなかった。これで命を落とした人だっている。

 

 

アベノマスクには566億円の税金、4例の感染で全国の小中高を休校にして、子育て家庭は大変だった筈。緊急事態宣言も沢山の職場、生活費の流れを止めたかも。

 

 

コロナへの社会的な力は国民の安心感、落ち着いて耐え抜く力、家計への金銭保証と、将来への安心感が肝のような気がする?国民の生活を底上げするために、税金を廻す、内部留保じゃぶじゃぶの企業への税金が、国民の雇用の為に、どれだけ廻るのか、しかと注目しよう?

 

 

Α.灰蹈覆任癲黒川検事総長は進めてる
安倍自公政権は、何があっても、安倍友の税金じゃぶじゃぶを守りたい?それがこの政権の選挙力だろうか?桜を見る会、森友加計、強姦もスルー、今度は前法相の選挙違反をスルーさせたい?

 

 

そのために安倍晋三は検察トップを安倍友黒川さんに据えたい。そのための国会審議を始めるようだ。国難への対応は酷くても、安倍友の税金を仕切る方策は止めない、そういう安倍自公政権である。

 

 

そうではなく、コロナに集中すべき。国民の声を聴くべき。そういう政治に建て替えないと、安倍政治の付けは、全部国民に回ってくる。太平洋戦争時代の、大本営政治と同じみたいだ。国民の命と生活よりも、自分達の政権、特権(税金じゃぶじゃぶ、強姦もスルーの生活)を守りたい?

 

 

А‘本の医療を守ろう
そして安倍政権の医療介護の改悪が待っている。13万床の削減計画がある。介護と医療の境界が無く、福祉サービス提供が、安すぎになって、国民の保険料が使われている。なので今や介護職は、15分単位、30分単位で、訪問先を移動もあると?

 

 

「若い人でないと無理」なスケジュールかも?要介護2の人まで、介護保険から外して、ボランティア主導のサービスに廻したいのが、2021年改正だ。介護保険を使える要介護3だと、特別養護老人ホームの申し込みができる程、日常の行為にすべて援助が必要な人である。そうならないと、介護保険は使い難くなる。

 

 

保険料はしっかりと根っこから(年金振込金額から)徴収されても、介護の利用は我慢、我慢の社会では、介護保険を作り上げた時の合言葉「要介護になっても、認知症になっても、住み慣れた地域で暮らす」が泣いている。

 

 

 コロナと医療
思えばコロナをここまで抑えているのは、医療介護の頑張りが大きい。みんなで医療介護の改悪の方向を眺めて、対案(修正案・反対案・新案)も有りの時代が、コロナ以降の日本かも。

 

 

コロナ以降は、国民生活と経済政策がどうかみ合うのか?が大切。税金をじゃぶじゃぶと企業サイドに流す、コロナの治療薬を爆買いが、国民の命を守れるの?金額の多さで、騙されずに、その金額がどこにどう流れるのかを見どどけよう?

 

 

私たちの血税なのに、安倍友だけに流して、集票して、そのための理屈がついてくる社会が日本になってはいないか?嘘を、嘘で包んで無かった事にする。美しい言葉のマスコミ総動員の騙しに乗らず、今回のコロナ騒動の顛末を、よく記憶して記録して、次世代に残していく事かも。

 

 

 動き出したPCRを求める声
山梨大の島田真路学長のような人もいるのだから。政府を忖度していると危ないのが、日本の80年前、太平洋戦争の時代のような安倍官邸かも。

 

 

自分たちの税金を自分たちの生活の底上げに使う政治を、つくらないと危ない。ガタルカナル、インパール、フィリピン、兵站無き行軍に巻き込まれないように、マスコミ、政府発表には距離を置く、自分で考えながら、コロナを超えて、ではないだろうか?

 

 

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

 

| 日々雑感 | 20:42 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。