みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
謎が、解けた?
なぜ、日本はこの4月いっぱいまで、半年近くも、コロナの検査、PCR検査を進めなかったのか?謎だったけど?韓国人が開発したので、導入しないのかとか思っていた。

このPCR検査は、鼻から血液を採取して、それを6時間程、コロナ菌の増殖温度に置いておいて、増殖後のコロナ菌、その有無を出すらしい。韓国はその時医療者に飛沫が飛んだりしないように、車の外から、鼻からの血液採取作業をするので、ドライブ・スルーらしい。
 
私たちのコロナ検査は、「検査厚生省ガイドライン」で縛られていた。これが外されたのが、2日前だろうか?厚労相の加藤さんが、国民が勝手に勘違いしていたとの認識?その上でこの縛りを解いた?やっと色々な検査促進の動きが見えてきている?安心が増える?

 ヾ鏡者数と死亡率
PCR検査、ドライブ・スルー、これが国際的な標準?世界中が採用したわけだ。でも日本はずーっと、医療を守るため、不必要な人、生命危機でない人まで病院に押しかけると医療崩壊、その理由で37.5度以上が4日続かないと、検査が出来なかった。待たされて死んだ人もいる謎?

「十分なPCR検査をしている国ほど新型コロナウイルスによる死亡率は低くなる」、千葉大大学院の研究グループの解析結果だと。「ポイントになるのは検査数に占める患者数の割合が「陽性率」。7%を超えると死亡者が増える」という。

そういわれると、マスコミは死亡者数を最大目に付くように報道している。子供の感染があれば一人でも報道されている。感染調査数を分母とする致死率で、人口を分母にする死亡率?分母が何か、それに気を付けて数字を見る事も必要かも?

◆,覆叱〆困鰺泙┐燭ったか?
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52394515
コロナの感染状況、生命活動への侵襲度合い、いわばコロナの実像を掴むためのデータ、その中の感染者数把握がPCR検査だろうか?検査数を抑え、分母を抑えて、致死率を上げたいとも読めるし、分子を抑えて、感染率を下げたいとも読める?

日本政府は挙げてこの検査を増やしたくなかった?政府側は感染実態は大きい事を予測していたのかも?東京オリンピックの聖火到着は3月20日、4月に予定していた中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓としての来日当面延期の正式発表が3月5日。

今、政府が感染者数を抑えてきた副作用が怖い?それが今の日本のコロナ、国民生活への悪影響かも?コロナの感染実態?不安感が襲うし、「じっとしていろ!」のストレス、仕事に行けないので家計はひっ迫、小池百合子さんが嬉しそうに進めている?自粛生活というのも、日に日に重たい?

 もう一つの不思議
今、コロナ恐し、でも緊急事態宣言下の閉鎖中の経済活動、みんなの給料、正規の人達は何割カット?非正規は?解雇が心配?中小企業は立ち行かない場合もあり得る。当座を政府貸し出しで乗り切っても、その返済、今後の経済見通しが不明?

そこへ、労働補償は世界的にも無い、日本政府もしないとNHKで言ってしまったのが、西村経産相だった。東大法科卒の秀才かもしれないが、この人の経済感覚、彼における経済循環はどうなのか?でも今日だが、その人が、コロナの緊急事態を27県単位も?解くと言う方針になっている?

そういえば、「超過死亡数」と言う数字があると。これは通常の年のその国の死亡者数データと、その年のある時期の死亡者実態の差を見るのだが、何だかの社会的危機(コロナ等、流行り病、暴動とか、天災大災害?)などの影響を死亡者の増加で見る数字のようだ。日本はコロナの影響だろうが2020年3月が増えたピーク。4月に入って正常化していると?

ぁ\府部内のブレとコロナの実態
安倍官邸は、どんな嘘でも国民は気付かずに、政府を忖度させることが出来る、そういう政治を、8年間も続けているような?それが、コロナで何となく分かる?太平洋戦争のあの戦後の悲惨は、諸外国から見れば、必然の惨状だったかも?

兵站(軍隊の食糧や必要物資の輸送)無き南方の地での行軍は、どういう見通しだったのだろう?でも精神論というのか、戦意の不足、規律を乱すな、みたいに、右むけ右!でないとダメだった?忖度、忖度だ、弱音を吐くな、そして戦没者の60%が餓死の国が日本だった?

その二の舞いにならないよう、政府発表の数字については、分母は?どうして死亡者数ばかりなの、何%なの、何万人に何人の話?などと、自分で考え直さないと、コロナの実態は大きすぎたり、あるいは少なすぎたり、今はそういう時かも。西村さんと、小池さんの違いって何?双方にらんで考える?それが日本のみらいの為かも?

ァ‘鷦ヾ鏡と夏の到来
季節は巡る、それが地球上の、中緯度にある日本の姿かも。高温多湿の夏がやってくる、今は初夏、こいのぼりが空を泳ぐ季節だった。

もしも夏に向けてコロナは下火でも、秋に二弾、三弾の波とも言っている。その時はコロナは多少の変異も抱える?コロナって、良く分からない事が多い?なので重要な情報を蓄えつつ、人間の命にとって、最大自分達の健康状態を追求するしかないのかも?

いったん日本のコロナは、3月でピークを越えている、これは「超過死亡数」の語る真実かも?でも、その後のいかなる新エピソードが何を物語るのか、予測は難しい?人為的にコロナをばら撒く事もできるほど、コロナの感染力はほどほどのレベルのようかも?

Α.泪好灰澆持ち上げる政治家
マスコミは安倍官邸の腰巾着状態である。という事はアメリカのCIA系と一致している?だとその持ち上げる人材は怖いかも?橋下さん?新次郎?小池百合子?今は大阪府知事の吉村さん。この人は東大出の西村さんに、誤りを訂正されて、謝ったとか?

ちょっと論理は雑でも、心根は分かるような?でもこの人は、政治家としては簡単に説得されそうで危ない?かも。あの山本太郎の方は、今でもMMT信奉かどうか心配だ。

コロナで見えてきたことは、もしMMTでお金がどんどん市中に回っても、人間の命の綱は「食料と住宅と医療」だと言う事?食糧生産、物資の流通が滞る時代に、お金だけじゃぶじゃぶで、何が起きるだろうか、超インフレと経済活動の自由過ぎ?環境破壊かも?

А|狼經超とシェールガス
コロナの前で、それを超える為に、人間の命の、生物性に立ち返り、命を守る政治の原点に立ち換ええる事ではないだろうか?何か、新興宗教めいた、世間離れみたいな話だろうか?

コロナで?世界経済の混乱、原油価格は暴落、マイナスを記録したと。マイナスという事は、原油保管のための経費がかかり、どんどん在庫を減らす必要さえ生じている。アメリカのシェールガスと言われるガスは、その採掘方法に無理があり過ぎ?

原油、天然ガスは、地層の関係で自然に原油等が溜まっているところから掘り出すのだが、シェールガスは、地中深く掘り下げて見つけ出し、それを瞬間的に固まるジェル(化学物質)で囲って取り出すと言う、かなり危ない方法で採取している。

中小の採掘業者が多数いて、一攫千金、アメリカの新しいフロンティかもしれなかった。世界の原油価格に攪乱を起こしたのだが?

─|狼經超と人間の命のために
コロナによる政治経済のかく乱、シェールガスは大地を掘り進めて、化学物質で固めて取り出すための経費が、今この商品の原価計算と利益計算の間を狂わせたわけだ。

このうねりが、中東産油国サウジ、そしてソ連、南米はベネズエラの原油、すべての原油資源のある地域に政治的な変動を引き起こす事もあり?この時代の中を生きる私達は、餓死も病死もあり得る、生物生命だから。この命の明日を抱えて、命の為の政治判断が大切かも?

中島みゆきの「地上の星」を思うけれど。
人間の命も、動物も、動物はみんな食べないと死ぬ。そうしてて命を廻している。食べ物とは他の生物の体、その大本(おおもと)は植物連鎖の底辺、それは植物だと。太陽エネルギーを澱粉などの物質に変える光合成とか?

 水資源が地球のエネルギー循環の歯車
なので、人類の人口規模を養う食料は結局農産物、植物プランクトンによる海の魚、最後は遺体を分解して大地に返す細菌たち、そういう連鎖、循環かも?

その循環を支えるのは、水資源ではないだろうか?そして水の循環(南極の氷、空中の水蒸気、海や川の水)が、太陽エネルギーを蓄えて、穏やかに地球の上を廻してきたのかも?

こういう時だからこそ、地球の原点、水資源と、地球の水甕(みずがめ)みたいな、森林資源、そして大地の中の膨大な細菌たち、太陽エネルギー循環の為の、水資源と植物たちを育てる、食糧増産かも。それが地球の気候変動を止めるための道かも?

 人間達の命より儲けってどうなの?
「何よりも儲けが一番」って、どうなの?市場原理主義?少しづつでも、水資源、植物を守りながら、農業、漁業を守る政策に、税金を廻しながら、コロナ以降の地球を、海に囲まれた島国の日本を、守る事かも?戦争、軍事解決の税金で?

安倍自公を忖度?超ド級の嘘八百、大本営体質?税金を廻す理屈を、美しい言葉で言い続けるかも?ガタルカナルやインパールを死んでいった兵士達が思い出される?

世界中のマスコミ情報と、その真逆、双方を眺めながら、安倍自公政権の大本営体質を超えよう。国土を守る事が、山紫水明なるこの国の、水資源の涵養、荒れ果てた山林原野に手を入れて、安全な食糧自給率アップ、食糧増産?かも?

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、dアメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。
| 日々雑感 | 12:21 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。