みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
目くらまし?ブルーインパルス
トランプさんの宇宙開発、「クルードラゴン」宇宙飛行士乗せ打ち上げ成功と似てる?東京はブルーインパルス、どちらもコロナの不手際、その「目くらまし」かも?

 

医療従事者へ敬意と感謝の気持ちを込め、東京都内上空をブルーインパルスが飛行、入間基地から、6機編隊で板橋区方面から都心へ、東京スカイツリーや東京駅、防衛省、都庁などの上空を飛行したと。

 

 

 ヾ蹐覆と行とも?
でもブルーインパルスは00年7月、訓練中の練習機2機が墜落し、乗員3人が死亡など、墜落事故もあって、小牧基地周辺の小牧市、春日井市、豊山町の2市1町は15年、展示飛行の見直しを同基地に申し入れるなどと、安全配慮を求められている?今回は前触れもなく、東京上空だったけど?

 

 

ブルーインパルスの展示飛行は「曲技飛行」にあたるのか?これで航空法施行規則も問われて、所属先の松島基地の広報室は「『横転』とは航空機が1回転すること」と説明して「小牧基地での飛行は曲技飛行には当たらない。住宅密集地上空での展示飛行のために曲技飛行をする際は必ず許可申請している」と、平行線の主張のようだ。

 

 

で奈良基地(奈良市)も、住民約130人が「国交相に許可なく『曲技飛行』をした」などと、航空法違反容疑で当時の基地司令を奈良地検に告発状を出したと。今回の東京は高度4000フィート(約1219メートル)前後を白いスモークで線を描きながら午後0時40分ごろから約20分ほどの飛行だったそうだ?

 

 

◆.屮襦璽ぅ鵐僖襯垢箸
ブルーインパルス(英: Blue Impulse)、航空自衛隊の曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)で、初代はアメリカ軍から供与(1960年)、その三代目機種T-4が、わが国航空工業界が総力をあげて開発(川崎重工)。平成7年度に松島基地へ、以後全国各地で展示飛行を行って現在に至っている。

 

 

http://harukaze.tokyo/2017/06/26/irukat4/#outline__1
要撃戦闘機は非常に高価で、F-15Jを例に取ると1機で100億円と言われていますが、機体寿命が1万時間とするなら、飛行時間1時間あたり「100万円」も。これに対しT-4は約20億〜30億と言われているので、同じ寿命と想定するなら、飛行時間あたり70〜80万円の差が出てくると。

 

 

燃費やら、消耗品の価格やらも加わってきますので、年間の飛行時間に換算すると軽く億単位に達するのではないでしょうか。戦闘機はそれくらい運用にお金が掛かるので、戦闘機の必要ない飛行に、わざわざ持ち出すことは出来ない・・

 

 

 国防費と戦闘機
そういう事も知らなかったが、車の車検のような経費が莫大らしい。そこで、空虚重量(乗員、ペイロード、燃料を含めない機体自体の重量)の比較的小さなF-4戦闘機で、訓練や、飛行技術の維持の為に使うのがT-4、そして北朝鮮の核実験などが行われた際に、集塵ポッドを取り付けて、データ収集飛行行うとか。

 

 

で、どこまでが「軍事費」、防衛費なのか?見解が分かれていると。単純に防衛費のみをカウントするのか、SACO(沖縄に関する特別行動委員会)の関係費も含めるべきなのか、日本の場合は基地周辺対策費・施設の借料、提供普通財産借上試算、基地交付金、さらには海上保安庁の予算も含めねばならないなど、考え方は人それぞれ?

 

 

今回の東京飛行、インパルス、大歓迎みたいだが、戦闘機の維持費((戦闘機の車検代みたいな?)が莫大、億単位のようだ?それに、自衛隊の指揮権と言う肝心金目が、日米密約(二国間条約)で、日本の防衛相には無いのだけど?アメリカに指揮権のある軍隊?その点をみんな調べた方が?不思議で、ひどく危ない話かも?
参)矢部宏治『知ってはいけない』講談社現代新書2439・2499

 

 

ぁ^打楷嬰,量椶らまし?
戦闘機の購入とその後の維持費を、調べても出てこなかった?今コロナの二次感染まで言われるこの夏を控え、日本の財政運営を皆で勉強も必要かも?だって、今度は10兆もの第2次補正予算案、予備費だが?

 

 

成立すれば安倍官邸の裁量だけで使えるし、コロナウイルス対応とはいえ、過去に例のない規模、「東日本大震災後(の補正)も8千億円の予備費を積んだが、桁が違いすぎる」と。

 

 

「国会無視」かも?急ぎ決めたい安倍自公。インパルスで受けている場合では無いかも?安倍官邸の一存の10兆!このコロナ対策。アベノマスクだし、クラスターは全国各地?国民は失業の惧れ、収入減の夏かも?10万の給付金も遅く、補助金は安倍友創価族がピンハネしていることまで出てきている?

 

 

ァ|羮義業への、コロナ対策用税金
官邸の一存なら、この10兆もどうなるのか?その税金の流れ方。安倍友創価族だけを潤す流れが心配、また竹中平蔵関連、電通関連、幽霊会社もあるらしい?

 

 

一昨日には、中小企業を対象にした持続化給付金(計2兆3千億円分)を支給する手続き(事務手数料?)を769億円で委託したのが、「サービスデザイン推進協議会社」。でもこの会社は、住所のある場所には実在せず、電話番号も公表せず、幽霊会社?

 

 

つまりこの会社は、トンネル会社で、幽霊でも仲介料?税金を20億円も抜いてしまう為?749億円で「電通」に再委託だと、20億のリベート?案外いつもの手口だったかも?

 

 

「この会社は2016/05に電通、パソナ、トランスコスモスが設立した会社、仕事は4年間に、経産省からの計14件の事業受託だけ」。こうして税金を吸い上げる為に作った幽霊会社だろうか?安倍政権下ではすべての国家予算は、ぞろぞろと、安倍友創価族への横流しシステムの中?ここは会計の分かる人がしっかり、金額とその流れ方、国民にはどう廻ってくるのか、それが肝心、しかと注目でないと?

 

 

Α\廼發領れを国民に知らせ?
税金が安倍友創価族の食い物になっているのが、日本の政策の執行スタイルなのだろうか?どんな政策も、私たちは金額で安心してしまうけど?何処にどう廻って、どんな国民にどんな生活底上げがあるか?その真実と、マスコミの拡散、イメージと比べ、突き合わせた方が良い?

 

 

あの、賭けマージャンの黒川さん「検察幹部の方も新聞記者との関係を強く望んでいるのです。その理由は、親しい新聞記者に独占的に情報を流すことで、世論をコントロールできるから」と言う記事もある。

 

 

検察幹部と仲良く賭け麻雀している記者達が、記事をそれらしく書いている?国民はニュースの記事が、みんなの意見、世の中の意見だからと、同調して読み取ってしまわない事かも?

 

 

А.縫紂璽垢魃呑みにしないで行こう
自分の本音を胸に聞く国民でないと、いつの間にかマスコミに飲みこまれてしまいそうだ。情報リテラシー(ニュースの裏側をいろいろ自分の目で読み力)、これが大切だと。

 

 

まったくコロナがどの程度感染拡大しているのか、30倍もありうると専門家会議のトップが国会で言ってしまう国。政府や小池都知事の出す数字って、怪しい?鵜呑みにできなさそう?「万歳、ブルーインパルス、医療者をねぎらって、空を飛んでいる」って、見当外れ過ぎ?かもよ。

 

 

コロナは?医療は?失業しそうな感じ??パートや派遣の仕事は、どうなのか?安倍官邸が自由に使える10兆が心配、医療と失業対策に直接入れる、10万円みたく。アベノマスクも、10万円も遅すぎ?今度は 10兆円も、予算の中身を決めないで、ざっくり過ぎで行きたいのが安倍官邸、自民党創価族みたいだが?

 

 

─,海陵住擦覇本版ニューディールかも?
10兆の一部でもいいから、コロナで不安定な収入、生活に入るかもの国民達を、国が雇いれたら?せめて年収250万でも、みんなで来年以降の食糧生産や、ほどほど家賃の公営住宅システム整備のために働いて、250万くらい?経営危機の中小企業の雇用も、国が直接雇い入れも有り?日本版のニューディールが新しい日本の基礎固めにならないか?

 

 

日本版ニューディールで、コロナ不況に打って出る政策ではないのか?安倍友創価族、電通、竹中平蔵傘下に、税金が流れて、先細りになる、日本の10兆円?

 

 

本当のことを、話してみよう。コロナはどうなるのか?三密って、苦しかった。ニュースの嘘、ニュースが持ち上げる事って、嘘っぽい?

 

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。
| 日々雑感 | 08:44 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。