みらい21かなる - 社会福祉士 山眞弓

みらい21かなる

TEL/FAX:03−3492−0735
ホームページはこちら ≫
学歴詐称と自民党政治
今安倍官邸が急ぎ国会を閉じて、国民に隠したいことが沢山出てきている?経済活性化、コロナ対策、生活支援などは表向き、血税を流す口実を見つけては、自分達に税金を廻している?

 

国民は金額で圧倒されてはダメだった?経済政策とかは、安倍友創価族の群がる、中間リベートみたいな、外注先が口を開けていたのかも?どの組織にどう流れて、どの官庁の、誰の天下り団体が、税金をただで飲み込んできたのか?財政支出のその後だ。

 

 ゞ靱な経済構造の構築
安倍友創価族の利益だけが優先さている?「官僚機構と利権政治屋の塊」か?いかにも立派な言葉の裏で、すべての財政支出には裏がある?

 

政治屋というのか?自民党公明党政治家が中に入って繋いでいるのが、官庁の天下り団体だろうか?選挙の時は必ず自公に投票する集団になる?でも国民向け、マスコミに乗せる国会答弁などのセリフは、美しい日本語、「強靱な経済構造の構築」なんだ?

 

「次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復」とかが、利権の巣窟道なので、よく追跡しないとダメかも?何かと言えば新しい組織を作って、関係事務費を膨らまして吸い上げ、不要な宣伝費、印刷費、手間暇をかけさせて、税金をがっぱがっぱと自分達に廻しているのが、実態だったのかも?

 

◆GO TO キャンペーンのからくり
 「キャンペーン期間中の旅行商品を購入した消費者や飲食店を予約・来店した消費者、飲食店で使える食事券を購入した消費者、イベント・エンターテイン メントのチケットを購入した消費者に対し、割引・ポイント・クーポ ン券等を付与する。」

 

「その際、キャンペーン全体で統一的な事務局を設置の上、全国津々浦々から本事業に参加する事業者を募集する。全国の商店街等において賑わいを回復するためのイベント開催等のキャンペーン実施を支援、この際、民間企業や自治体、商店街等と連携し、官民一体でわかりやすく周知するための広報を実施する。」

 

そうではなく、真水のまま、国民の家計に流す、その仕事は国民の安全で美味しい食料増産の為、安心できる公的賃貸住宅システムの為、医療介護のマンパワーの為、国が国民を直接雇い入れる、日本的ニューディールかも。その方が誰も中間で吸い上げない?で、税金が消費廻る、市中全体に廻るかも?街々が潤い、各商店の売り上げが増すかも?

 

 コロナ対策費108兆円?
何しろ、コロナ対策費108兆円、引き籠もらざるを得なかった、ニート的な人も良く面接してみて雇うなど、働いてもらい、年収250万なら4000万人を一年間雇える金額かも?

 

(20200529)発表の労働力調査、就業者数は6628万人。前年同月に比べ80万人、88か月ぶりの減少・雇用者数は5923万人。前年同月に比べ36万人88か月ぶりの減少・そして 完全失業者数は89万人、前年同月に比べ13万人の増加。3か月連続の増加。

 

私の計算、桁が違っていないか心配だが、国内全就業者数の4/7(57%)もの人を、低賃金ながら雇える金額?それが安倍官邸の一存で、安倍友創価族優先へと、ばら撒かれようとしている?それが安倍友創価族の、政治傾向だった?

 

ぁー唆販┐侶彁察⊆唆伴圓猟蟲舛貌颪△
そこで、国内の就業者数や、これから心配な失業率の計算を覗いたが。失業率=失業者数/労働力人口=失業者数/就業者数+失業者数。

 

日本の失業率はいつも少ないのだが?すると「失業者の定義」と分母を揺らす労働力人口(就業者数と失業者数)の定義で変化するようだ。

 

日本の失業者定義、「15歳以上の者であって, 調査週において仕事がなく, すぐに就業が可能で, 過去1週間以内に求職活動を行った者。過去の求職活動の結果を待っている者を含む」。EUの定義、「15歳以上74歳以下の者であって, 調査週において仕事がなく, 2週間以内に就業が可能で, 過去4週間以内に求職活動を行った者。」

 

なので日本は一週間求職活動を休めば失業者にカウントされなくなる。日本基準はEU基準や外国より失業者が少なく、失業率も小さく出る。勤労世代のニート、主婦達は除外され、不安定雇用者は求職活動を1週間以上やっていないと、労働力人口(分母)から省かれるようだ。

 

ァヾ袷桓唆販┐繁秬限膺
非労働力(ニート・求職活動の中断等)の大きさが出ない日本の数値のままで、国際比較ってどうなのか?景気が悪くちょっと休職・求職活動を休むと失業者から省かれる?

 

これからは日本の統計をいろいろ見渡し、政策策定のためのデータを、現状把握できる形に作り替えないと日本の政治は良くなれないかも?

 

麻生財務相の、どうしてこれだけの額でダメなんだ?という、責任放棄、我儘発言もスルーの自民党政治。国民生活のデータ、そして財務諸表が読める専門職集団との協働が必要なのかも?安倍自公の自分達ばかり潤う政治に、逆戻りしない政権交代だから。ここを掘るための官民共同が肝かも?

 

Α^打楴公政権の酷さ
現政権は、安倍友の言いなりになる会議、代表を立ち上げて、権威づけて、それをマスコミがよいしょ連発だ。そして政府にコントロールされながら、適当な大枠をなぞり、専門家会議がわきに居座り、さらによいしょかも?

 

西村コロナ大臣とか、学歴ばかり立派、東大法学部、アメリカの大学院?でも学生時代講義をどの程度出席し、どういう論文で卒業したのか、チェックしてみたくなる人みたいだ?

 

小池都知事ばかりではなく、外国、特にアメリカに留学卒業とかは、金とコネでどうにでもなる世界かもしれない。新次郎は環境問題がSEXYになるような人だし?総務大臣だったか高市さんとか、小渕嬢も何かあったかも?安倍晋三自身もあやしいとか?

 

А‐池さんばかりでないかも、学歴詐称
嘘と言うのか、上を忖度社会の行き詰まりだろうか?世界政治の大転換の政治に、実力が問われている?上のいう事を疑っては失礼?と言って超えられる時代は、終わりつつあるのかも?

 

税金で労せずして潤いたい、お金次第な人達が、立派そうなイメージ、美しそうな日本、自画自賛には、Noが大切かも。次世代の幸せのために?この政権は、結構嘘で固めているような?

 

小池さん達、みんな藪の中?芥川龍之介の羅生門の映画みたいだ?でもみんなでこういう嘘で去勢を張っている社会って、劣化するかも?この安倍友創価族の動き方をよく解明しながら、政権交代後の政治の基本を探り出す事かも?

 

─』巴徃鏗下圓猟錣気鵑慮世な
この度横田めぐみさんのお父様が、老衰で死去された。拉致されて、北朝鮮の工作員として養成されたり、悲惨な話である。めぐみさんの生死、生きている証拠も、死んでいる証拠もあやしいのかも?だけどこの弟さんの言い分には、驚いてしまった・・

 

「安倍総理・安倍政権は動いてやってくださっています。なので、何もやってない方が政権批判をするのは卑怯だと思います。拉致問題に協力して、様々な角度で協力して動いてきた方がおっしゃるならまだ分かりますが、ちょっと的を射ていない発言をするのはこれからやめてほしいと思っております」と。

 

何か水面下で動いているのかもしれないが、いろいろな発言がある方が事態を動かし得るのではないだろうか?言論は自由でないと。誰しも完全無欠な人はいない。いろいろな見方、考え方に耳を傾けた方が良いかも?的を得ていない発言かどうかは、後になって分かる、卑怯な事も。これでは北朝鮮の独裁者と同じ傾向かもと思ったが・・

 

 嘘を超えて、忖度も超えて
税金の安倍友流し、それを隠したく、嘘を重ねている今国会だったかも。隠すためにまた税金の上乗せ?お金を使ってマスコミを買収?でも私達は、マスコミのいう事に距離を置き、税金を支払っている国民の生活の底上げのために、正直なデータで、コロナもコロナ以後の経済政策も願うばかり。

 

嘘が通る社会を変えて、日本的なニューディールで、国民の命と生活を守るために税金を使う政権だろうか?真水3割だと言うのだが、怖い日本の税金の使われ方かも。これを1割でも、2割でも国民生活の底上げ廻せる政権を立ち上げよう。

 

今こそ、脱「自民党安倍忖度」。「正直文化」で、若い人財を励まそう。生産工場の」国内操業を目指しつつ、新しい社会保障(所得補填+居住保障+医療介護保育職業教育)のある、安全な食料を生産する農業立国、食料自給率UPの国だと思う。耕作放棄地の再生、荒れた山林原野に手を入れる国土保全、その方向で少しづつでも動く、嘘を言わない、正直な政権、アメリカからの真の独立、まっとうな政治、まっとうな裁判を進める政権。そのベースに置く社会保障制度を考えよう。

 

| 日々雑感 | 14:57 | comments(0) | - |









 
+ 相談室


相談は、対面で行う会話です。色々な思いを抱えて相手の顔、姿に接して、自分の言葉、感情の動き、動悸などから、自分で自分を再発見する場です。
どのような自分でも自分は自分。それぞれの自分を大切に生きる手立てを見つけましょう。
+ お問い合わせはこちら
TEL/FAX:
03−3492−0735
+ みらい21かなる

かなる(canal)は「運河」と言う意味です。以前の目黒川に面した6階の事務所から眺めると、目黒川がちょうど足下を流れているように見えて、まるで運河の上にいるようでした。それでベニスのグランカナールのイメージと重ねて、私達の事務所がいろいろな情報や物資を運び込むよう、21世紀の運河になるようにと名付けたものです。